サイト売買のサイトストック > 古本買取サイトの売却(サイト、在庫、Amazonアカウント)月間粗利100万円以上

売却サイト詳細

■公開日:2019-10-15

サイト形態 カテゴリ 閲覧回数 交渉中
ビジネス,ショッピング,エンターテイメント,暮らし・趣味 516 3件
古本買取サイトの売却(サイト、在庫、Amazonアカウント)月間粗利100万円以上終了
希望価格(税別) 13,000,000 円
月間売上 サーバ費 売上原価 広告/販促費
2,000,000 円 2,000 円 500,000 円 200,000 円
人件費 月間営業利益 会員数
200,000 円 1,098,000 円 1,000 人
月間PV数 月間UU数
23,000 PV/月 13,000 UU/月
サイト概要 【サイト概要・主要コンテンツ】
古本買取販売事業です。サイト運営は10年以上の実績があります。全国のエンドユーザーがサイトから古本の買取を申し込み、宅配便などで送ってもらいます。そして、パート・アルバイトが査定、出品、出荷を行います。販売先は、Amazonのみです。(Amazon:2018年、日本事業における売上高は前期比15.0%増の1兆5350億円)

今でもAmazonの本・メディアジャンルは群を抜いて突出しており、エンドユーザーから不要の古本を買い取ることが出来れば、売上は上がっていくというビジネスモデルです。


事業概要
・100年以上続く古本業界
・粗利率は70%以上(Amazon手数料20%のため実質50%程度)
・リサイクル業とはまた異なる文化的商材を扱う男性に人気の職業

将来展望
・電子書籍の普及に伴い、漫画や雑誌系は減少傾向
・紙の出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額1兆2,921億円(2018年)と
 年々微減しているが、それでも1兆円市場は大きく、顧客対象も全国。


【アピール内容】
主な顧客は、沖縄・離島などを除く全国の新刊書店で本を買われるユーザーです。ジャンルは、経済、芸術、宗教・哲学、人文書などから絵本、パソコン書、医学書、理工書まで様々な本を買取ります。現在、サイトの会員数は1,000名以上です。

基本的には1~6の流れです
1、全国のお客様から30冊以上に段ボール箱に詰めて頂き、サイトから申し込み
2、宅配業者が集荷し、当社までお届け
3、査定は、Amazonなどの相場を参照するツールを使い、相場の20~30%程度で買取
4、顧客へ入金処理後、バーコードリーダーでISBNを読み取り、Amazonへ出品
5、棚へ商品を保管し、値付けなども自動の価格改定ツールを設定
6、翌日には本が売れだすので、梱包してお客様住所へ配送
以上を行うと、Amazonから月2回のサイクルで売上が入金されます。

事業の強み / 差別化ポイント
・当社では、漫画や雑誌、DVD、CDなど同業他社がやっていることを行わず、
 一部ジャンルに特化して買取を行ってきました。デメリットは、買取件数が
 かなり少なくなってしまうことです。逆に言えば、ジャンルを広げれば、
 件数も増やすことができます。買主様の考え方次第で変更可能だと思います。

売却案件が、サイトだけでなく、在庫(14,000冊前後)、Amazonアカウント、という3点セットでの売却案件のため、古本開業を模索している方には、すぐに売上が経つというメリットが大きい希少物件です。棚卸も常に行っているため、1年間売れない書籍は廃棄するなど行っており、現在の在庫も、不良在庫はほとんどありません。
譲渡方法 仲介
ページ数 約 4000 ページ
メルマガ なし
SEO対策 あり
運営開始時期 2009 年 03 月
使用しているプログラム ETC
使用しているデータベース ETC
更新人員 2 人
更新作業内容 梱包作業、買取作業、出品作業が基本です。アルバイト2名で1日3~4時間。
運営形態 ALL
譲渡対象物 サイトコンテンツ,ドメイン,サーバ契約,在庫,会員データ引き継ぎ,取引先の引き継ぎ,運用マニュアル
売却理由 他事業に集中するため
属性 法人
従業員数 5~9人
資本金 5000万円以上1億円未満
前年度売上 5000万円以上1億円未満
交渉期限 2019年12月

<一覧に戻る