無料でサイト査定致します。あなたのサイトを必要としている人がいます。
サイトを売りたい方 サイトを売りませんか?
サイトを買いたい方 掲載カテゴリ 納得の充実度!
サイト売買用語集
WEB用語集
料金プラン
特別企画 面白法人KAYAC×SITESTOCK
レベニューシェア

【仲介交渉と直接交渉の違いとは?】

サイト売買のサイトストック > ブログ > 【仲介交渉と直接交渉の違いとは?】
2015年4月16日

クライアント様より【仲介交渉と直接交渉は何が違うの?】

というお声をよく頂きます。

本日は、それぞれの概要を手数料やメリットも含めてご説明致します。

今後、検討される際の参考になればと思います。

 
 

■仲介交渉

 
 

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223500-thumb-803x500-4009

 

————————————————

【概要】

交渉は、契約が締結するまで弊社を介して行われます。

条件の調整や買い手様を募る営業活動を行い、成約率を上げます。

 

【手数料】

成約額の10%+10万

 

【メリット】

①条件の調整

金額や譲渡条件などを、弊社が間に入り、双方のヒヤリングをした上で

調整致します。特に高額の案件の際は、金額の調整が入るケースも多く、

弊社を介す事により、円滑に進み成約率も上がります。
 

②営業活動

案件の詳細をヒヤリングした上で、シナジー効果の高いクライアント様

に対して弊社が営業・紹介を行います。

 

③三社面談

購入可否を決定する前に三社面談を行い、運営面や数値面の確認を行った

上で、購入可否をご検討頂けます。

クライアント様同士直接お話しが出来るので、

安心してお取引を行う事が出来ます。
————————————————
 
 

■直接交渉

 
 

lgf01a201501021800

 

————————————————

【概要】

交渉に弊社が間に入る事はなく、クライアント様同士が、弊社サイト上で

メールベースで直接、交渉を行う形となります。
 

【手数料】

成約額の3%(但し、180万以下の案件に関しては、一律54,000円)
 

【メリット】

①手数料が安い。

仲介交渉に比べ、手数料が安い為、売り手様の手数料を差し引いた後

お手元に残る額が大きくなります。

 

②少額案件に向いている。

100万前後の案件の場合は、交渉申し込み数が増えるケースも御座います。

理由としては、やはり手数料ですが、買い手様にも手数料

はかかってきますので、少額案件で仲介交渉だと、

手数料がネックとなり、交渉申し込みを控える傾向もあります。
————————————————

 

以上がそれぞれの大まかな概要になります。

 

どちらの交渉方法にもメリットがあり、一概にどちらが

良いというのは、御座いません。

 

案件によって、適した方法が御座いますので、

上記を踏まえて、ご検討頂ければと存じます。

 

もしどちらにするか迷われた際は、

お気軽にご連絡下さい。

 

担当がヒヤリングした上で、ご提案させて頂きます。

 

宜しくお願いします。