サイト売買のサイトストック > サイト売買とは?

サイト売買(M&A)とは?

WEBサイトでも色々なビジネス形態があり、ショッピングサイトやソーシャルサイト・ASPサイトやマッチングサイト、比較サイトなど広告収入で成り立っているサイトが多いが、この様なサイトを売却したいと思っている企業が数多く存在しています。

サイト売却を検討している企業は、

『現在の景気状況により本業にリソースを裂いて注力したい。』
『利益が出ていない(柱になっていないWEBサイト)サイトを売却し、売却したキャッシュを基に本業に注力したい。』

などがあり、よりサイトの強みを引き出す事が出来る企業に売却する事で自社サービスが成長していく過程を見ることが出来る、という背景があります。

また、買い手企業では、新規事業でWEBサイトを求めており、0から1を作るフェーズは得意ではないがマーケティングの要素やリスティング、SEO、アフェリエイトなどのデジタルマーケティングの領域に強みがある企業もあり、そのリソースを裂く事でサイトの価値を向上させることが出来るので、サイトM&Aがマーケットとして成り立っています。

ニッチな市場ですが、ニーズがあるこの様な事情で売りと買いが成立しています。

サイト売買(M&A)とは?

企業M&AとサイトM&Aの違い

企業M&AはBSやPLを基に準審査を行い、企業査定(デューデリ)で買収企業が判断するだけの情報を取得することが簡単に出来ますが、サイトM&Aは無形固定資産になる為、査定基準が無くデューデリが非常に難しいという現状があります。

しかし、あるポータルサイトを担保に銀行が融資した事例からサイトの資産価値が認められるようになりました。情報審査、コンテンツの価値、会員数、プロモーションの価値、SEOの順位、売り上げなどを指標にWEBサイトのプロのエージェントが相場を伝えて仲介するデューデリサービスをサイトストックでは行っております。

企業M&AとサイトM&Aの違い

実際にあったケースとサポート

ショッピングサイトを買収したが、シナジーの合う事業を自社では展開できず売主がもつ運営ノウハウや工数をうまく引き継げず、買収したサイトの売上、会員の顧客満足度を維持する事が出来ていなかった。

その様な中で、サイトストックが価値やバリュー向上を行う為にSEOやリスティング、SEMまわりと会員属性に合う事業シナジーやサイトのシナジーがある企業を紹介し、それにあったマーケティング手法(バズマーケティング、バイラル的手法など)をご紹介し、施す事により買手企業では現状維持以上のサイトの売上増加につながった。というケースがありました。

サイトストックでは川上から川下まで幅広くサービス展開をすることにより様々なWEBでの悩みを解決できる企業を目指しています。

実際にあったケースとサポート

サイトストックの強み

サイトストックのM&Aでは、上場しているIT企業から独自サービスの強いベンチャー企業まで数千社のネットワークを保有しているので、案件をスムーズにご紹介することが可能です。

ベンチャーIT企業だけではなく、ベンチャーキャピタルや証券会社などのネットワークにも強みがあるので案件を紹介しやすいのが他社にはない強みだと言えます。

サイトストックの強み

また、サイトの売買仲介サービスから派生して、買手企業に対しての付加サービスの提供

・運営代行
・マーケティング、プロモーション
 (SEO、リスティング、アフェリエイトなどのデジタルマーケティング)

ターゲティング力の強いプロモーション手法を駆使することにより買手企業も買収したサイトのバリューを高め、コンサルタントとしての立場からサポートすることが出来ます。

IT企業以外では、不動産業、製造業からの買手企業からオファーが来るが実際に買ったサイトを自社で運営できるかというと、知識ノウハウ、運営していく際のメソッドが少ないことが主です。

その様な企業に対してお手伝いさせていただく、それがサイトストックの最大の強みです。

売りたい方
買いたい方