サイト購入の成功事例

サイト売買のサイトストック > ブログ > サイト購入の成功事例
2018年1月25日

ホームページを持つには業者に依頼して作ってもらうもの、と言うような考えが従来は当然でした。
希望のドメインで構成やコンテンツも決めてオリジナルのものが出来上がりますが、そこには問題点がないわけではありません。
新規ドメインは育て上げるのに時間がかかり、最初の方は検索エンジンからも信用されていませんから、軌道に乗るまでの間にデメリットが出てきます。
その点でサイト購入はある程度完成しているので、軌道に乗るまでの苦労を省いてサイト運用を考えることが可能です。
成功事例を見ると、メリットの大きさがうかがえるでしょう。

 
 

ECサイトのサイト購入の成功事例

ECサイトの購入ではサイトだけではなく、商材販売に必要な部分も入手できる可能性があります。
前オーナーの行っていた販売事業を引き継ぐことで、初期投資を抑えながら利益を出せるサイトとの成約したような事例なら、成功と考えられるでしょう。
ECサイトを成功させるには、経験者の方ならばわかると思いますが、一筋縄では行かないことが少なくありません。
商材選びから仕入先探しも大事ですし、見込みのあるアクセスを誘導して購入まで導くのも大切です。
そのためには情報収集も行いながら、コンテンツ作りであったり有料広告の活用なども必要になってきます。
その結果として成功ならば良いとしても、失敗となると思わぬ損害を被りかねません。
その点で既存のECサイトを買い取るのであれば、既にある程度はサイトも完成しているので、一から組み立てるというよりは改造・修正で利益を目指せるでしょう。
仕入先と提携を続けられる案件ならば商材探しの手間も省けますし、もちろん販売するアイテムをそっくり入れ替えるのも選択肢です。
売上実績などから利益が確実視できるような場合でも、ECサイトは運用に手間が掛かる分、オーナーが他事業に専念するために廉価で手放すケースは少なくありません。
そのようなお得案件を入手できれば、サイト購入としては成功でしょう。

 

 

検索サイトのサイト購入の成功事例

検索サイトはポータルサイトとも呼ばれ、他のホームページとの橋渡し的な存在です。
この検索サイトを使って色々なサイトを探すのは便利ですから、結果的に大きなアクセスも見込みやすく、会員数を増やすことでコンテンツ量を充実させることもできます。
検索サイトはあるカテゴリーの中でページの充実度が突出している場合もしばしばあり、検索結果上位を達成している場合も少なくは有りません。
ホットキーワードで上位達成しているものがリーズナブルで手に入れば、濡れ手に粟も期待して良いでしょう。
成功事例としては月間売上の割に管理費が掛からないサイトが手に入ったケースが多数あります。
検索サイトは広告主からの掲載報酬や制約報酬で成り立ちやすいので、ランディングページを別に作ったりする必要性が薄く、必要経費が抑えられる傾向があります。
大掛かりなサイトでは更新スタッフなども必要ですが、その規模に成長している場合は、それに見合った利益が出ているケースが少なくは有りません。
また、PV数が多い案件が多数ですから、現状で利益は低くても収益化を目指しやすいのも特徴でしょう。
このために現状では収益が発生していないサイトを購入しているケースもあります。

 

 

アフィリエイトサイトのサイト購入の成功事例

アフィリエイトサイトは比較的簡単に収益化を目指せるタイプで、ニーズに合った予算のサイトを探しやすいです。
価格帯的に見ても幅広い案件から選びやすく、運用の方向性も多彩に考えられます。
基礎的な操作で運用できるサイトが大半なので、購入後に出費があまり必要なく、利益を目指せるような成功事例が多くあります。
自身でもメンテナンスを行いやすいですから、こまめに更新して運用でき、安定した収益を考えやすいです。
特に自身が詳しい分野で、お得な案件を手に入れた場合には成功度は高いと言えます。
現状のコンテンツとPVに加えて、競合サイトにはないようなオリジナリティーを付加することが可能ですから、より魅力的なサイトに育てられるでしょう。
アフィリエイトサイトは記事を作成してコンテンツを増やすことが鍵ですが、自分で文章を書くのが大変な場合では、ライターを使って用意することが可能です。
一記事あたり幾らかの費用が必要になりますが、このような手段で収益状況を改善しやすいのがアフィリエイトサイトです。
このような改善策がありますので、現状では赤字のサイトでも売買されるケースは少なくは有りません。
後に収益化を目指せるならば、赤字案件のために廉価で販売されているサイトに投資して、逆転成功の可能性も見込めます。

 

 

まとめ

サイト購入ではこのように、サイトのタイプ毎に違った傾向があります。
それぞれに特徴があるので、メリットや将来性をしっかりと選びながら考えていくと良いでしょう。
これからアフィリエイトなどで収益化を考えるならば、まずは全て自身でサイトを用意する場合、どの程度の投資が必要かを考えてみることが大切です。
初期の広告費や外注費用を考えると、既存サイトを購入するよりも高くなるかも知れません。
既にある程度出来上がったサイトならば、色々と学べる点も多いですから初心者の方にもおすすめです。
もちろん、ノウハウを持った方でしたら短期間での収益状況の改善も見込めるでしょう。
まずはどのような案件があるのか、確認してみましょう。

サイト売買用語集
WEB用語集
料金プラン
特別企画 面白法人KAYAC×SITESTOCK
レベニューシェア