無料でサイト査定致します。あなたのサイトを必要としている人がいます。
サイトを売りたい方 サイトを売りませんか?
サイトを買いたい方 掲載カテゴリ 納得の充実度!
サイト売買用語集
WEB用語集
料金プラン
特別企画 面白法人KAYAC×SITESTOCK
レベニューシェア

サイト売買市場と動向

サイト売買のサイトストック > ブログ > サイト売買市場と動向
2017年12月5日

世の中には数多くの投資が存在していますが、インターネットが発達した現代だからこその新しい投資が登場しています。

それはサイト売買というもので、名前の通り既存のインターネット上のコンテンツを運営者が新たな運営者へと譲渡することを言います。
譲渡の理由は様々ですが、需要と供給がマッチすれば高額での取引も行われます。

買い手側はもちろん売り手側としても非常に魅力的なので人気が高いのですが、比較的新しいスタイルなので詳しく知らない人も多いはずです。
最先端の投資に乗り遅れないためにも、サイト売買について基本的な市場事情や動向を知っておきましょう。

日本でサイト売買の動きが見え始めたのは2000年代前半。
アメリカなどの海外では早くから行われていましたが、日本ではまだまだ普及しているとは言い難いです。
それでも次第に売買取引の実数は増え続けており、2000年代前半頃から行われるようになってきました。

大手企業が他の大手サイトを買収したことも数多くあり、ごく一般的な企業戦略や投資の一環になっています。
大手企業が主体となって行うと買収というイメージが強いですが、実際には個人や中小企業が経営の幅を広げたり、趣味のために売買を行うケースも増えており、将来的には更に活性化する市場であると考えられています。

このように売買されるようになったのは、インターネットの普及が非常に大きく影響しています。
個人がパソコンやスマートフォンを通して気軽にインターネットに繋がれる環境が整い、よりネット内で収益を上げるチャンスが増えました。
2000年代前半から行われてた売買はリーマンショックの影響で一時衰退しましたが、2012年ごろになると再び売買が活性化し始め、2017年時点では最盛期に近いほど盛んに取引されています。

ただ、取引金額で見ると減少傾向にあり、反対に取引実数は増加傾向にあると言われています。
少額の売買を繰り返したり、企業ごとではなくサイトを通して一部の事業だけを取引するというのが現在の市場の主な動向です。

ITの発展とともに「ウェブサイト」に価値が認められるようになった現在の日本社会は、言うまでもなくインターネット無しでは成り立ちません。
ショッピングを始めとして情報の収集、他者とのコミュニケーションやビジネスツールとしても必要不可欠な存在になっています。
それだけではなく、ウェブサイトによって様々な方法で収益を上げる方法も確立されていたり、クラウドソーシングやリモートワークを駆使して新しい働き方まで提案することができます。
このように様々な利益をもたらしてくれるため、サイトの存在自体に価値が認められるようになってきたのです。

価値が高いのは、閲覧数が多くて売り上げが安定している、運営されている期間が長い、ライバルが少ないといった特徴を備えたサイトです。
こういったサイトは売買した後も安定して長期的な利益を出してくれる可能性が高いため、事業拡大だけでなく純粋に利益を求める買い手からも大人気となっています。

売り手としても、自分が趣味でやっていたサイトが思わぬ高値で買ってもらえる可能性がありますし、アフィリエイトをしていたけど事情があって続けられなくなったような場合、まとまった現金と引き換えることができるので非常に便利です。
もちろん全てのウェブサイトに高い価値があるわけではありませんが、買い手の好みや需要は実に様々なので、売り上げが無くても購入を希望されることもあります。
このように、売買市場は今後も個人間や小規模な取引を中心として活発に取引される可能性が高いと言えます。

日本のサイト売買はまだまだ売り手市場。
市場自体は2000年代前半から注目されており、現在は既にピークを迎えていると言えます。
この動向はインターネット自体の発展や普及の仕方と非常によく似ており、アフィリエイトや個人ブログなどを手軽に作成できるようになった時期とも一致しています。
この頃からずっと、売買取引においては売り手市場になっています。売り手と買い手のバランスを考えると圧倒的に買い手の方が多くなっています。

買い手としては利益を上げてくれる質の高いサイトを購入したいと考えており、取引も慎重に検討を重ねる傾向にあります。
サイトというのは形のないものなので、そこに多額の費用をかけて購入するのはある意味大きな賭けになります。

今のところ売買に関する法規制なども整備されておらず、中には質の悪い無意味なサイトを購入してしまうケースもあります。
これでは大損してしまうので、買い手側は非常に慎重になります。質の良いサイトには自然と取引のオファーが集まるため、質の良いサイトは、より売り手市場であると言えます。
出来る限り高値で売却したい場合は、サイトの中身はもちろん収益性や運営期間などにも配慮し、少しでも買い手に注目されるものに仕上げていくことが重要です。

このように、サイト売買は2000年代前半に登場した比較的新しい投資スタイルの一つであり、ウェブという形のない物でありながら非常に価値の高いコンテンツを取引することで様々なメリットを得られることが分かります。
事業の拡大や収益を期待することもでき、しっかりした質の良いものを見極めて購入すれば、投資した以上の大きなリターンを得ることができるでしょう。
知識がないまま売買に手を出すのは非常に危険なので、ウェブ運営やアフィリエイトなどの基本的な知識だけでなく、法律関係もしっかり理解したうえで売買を検討することをおすすめします。